メニュー
文字サイズ変更

赤い羽根共同募金

共同募金運動への協力

共同募金運動は、厚生労働大臣の告示により、毎年10月1日から全国一斉に行われる募金です。
川越市社会福祉協議会では、埼玉県共同募金会川越市支会の事務局として、共同募金活動を推進しています。
住民の一人一人がたすけあいの心を持って、その人らしく生活できるよう、募金活動にご協力ください。

募金活動をする福っくらちゃん

詳しくはこちら(PDF/87KB)

埼玉県共同募金会川越支会

埼玉県共同募金会川越市支会では、毎年、10月1日から3月31日「赤い羽根共同募金運動」を、11月15日から「地域歳末たすけあい募金運動」を実施しています。
お寄せ頂いた募金は、地域の様々な福祉活動に役立てられています。

赤い羽根共同募金

10月1日から自治会の方々や協力団体の皆さま、多くのボランティアの方々にご協力頂いて実施いたします。
赤い羽根で寄せられた寄付金は、皆さまの身近な地域で子どもやお年寄り、障害者などのための様々な福祉活動に大きな役割を果たしています。

募金の時期

毎年10月1日から3月31日

募金の使途

赤い羽根募金のうち50%が川越市社会福祉協議会に配分され、地域福祉事業費として使われます。
残りの50%は、埼玉県共同募金会に分配され、県内の民間福祉施設の補修や整備、福祉関係団体が行う事業助成等に使われます。埼玉県共同募金会における実際の使いみちについては、下記の動画をご覧ください。

赤い羽根共同募金イメージ
戸別募金 各分会(地区社協)や自治会の協力を得て、各ご家庭に募金のご協力をお願いします。
法人募金 各分会(地区社協)や自治会の協力を得て、市内企業、法人、篤志家等にご協力をお願いします。
街頭募金 運動期間中、駅等において、ボランティアによって募金及びPR活動を行います。
職域募金 事業所などの職場での募金です。クオカード、図書カード、バッジ購入による募金をお願いしています。
学校募金 学校で行われる募金です。市内幼稚園、保育園、小・中学校、高等学校、大学の校内での募金活動の協力をお願いします。
個人募金 川越市社会福祉協議会(総合福祉センターオアシス内)窓口で受付ける募金です。上記の区分にあてはまらないものは、こちらに該当します。

地域歳末たすけあい募金

地域歳末たすけあい募金は、11月15日から12月31日までの期間、共同募金運動の一環として、歳末にあたり支援を必要とする人たちが、地域で安心して暮らすことができるように援助を行うことを目的として毎年、年末に皆さまにご協力をお願いしています。

募金の時期

毎年11月15日から12月31日

募金の使途

市内在住の経済的に支援を必要としている世帯や市内民間福祉施設、 遺児・交通遺児、里親世帯等に対して金銭配分を実施しています。
また、歳末福祉事業として在宅介護者支援事業、在宅障害児招待事業、一人暮らし高齢者のつどい、緊急連絡カード、福祉の市、社協だよりの印刷費などの事業に使われています。

戸別募金 各分会(地区社協)や自治会の協力を得て、各ご家庭に募金のご協力をお願いします。
個人募金 川越市社会福祉協議会(総合福祉センターオアシス内)窓口で受付ける募金です。上記の区分にあてはまらないものは、こちらに該当します。

社会福祉法人中央共同募金会のホームページはこちら

義援金について

各被災地に対する災害義援金の募集を行っています。ご協力をお願い致します。

「平成30年7月豪雨災害義援金」募集要項

平成30年7月の豪雨により各地で人的被害をはじめ家屋の倒壊等の甚大な被害が発生し、複数の市町村で災害救助法が発令されました。
そのため、中央共同募金会は、被災された方々を支援することを目的に次のとおり義援金の募集を実施します。

中央共同募金会 平成30年7月豪雨災害義援金(PDF)

「令和3年大雨災害義援金」募集要項

令和3年7月及び8月の大雨により、静岡県熱海市をはじめ、青森県、長野県、島根県、広島県、福岡県、佐賀県、長崎県など、全国各地で洪水災害などによる人的及び家屋への甚大な被害が発生、複数県の市町村に災害救助法が発令されました。
そのため、中央共同募金会は、被災をされた方々を支援することを目的とした義援金の募集を実施します。

中央共同募金会 令和3年大雨災害義援金(PDF)