ホーム
社会福祉協議会とは
援護事業 心配ごと相談
福祉サービス利用援助事業
各貸付事業
友愛センター 
ファミリーサポートセンター
ボランティアセンター事業
地区社協支援
介護保険・障害者福祉サービス・高齢者自立支援事業
指定管理事業
共同募金運動への協力
福祉団体
社協だより
リンク
お問い合わせ・所在地

 

指定管理者制度とは・・・
2003 年、改正地方自治法が施行され、指定管理者制度が導入されました。
これは、地方自治体が条例の定めるところにより、法人その他の団体を指定して(公の施設)の管理を行うものです。
指定の手続きは条例で定め、指定管理者の指定には議会の議決が必要です。指定された団体を指定管理者といいます。
従来の「管理委託制度」では、委託先は公共団体(土地改良区など)、公共的団体(農協、生協、商工会議所、文化事業団体など)または地方公共団体が50%以上出資する法人に限定されていました。しかし、指定管理者制度により、営利企業、NPO法人を含む民間企業にも開放されることになりました。
川越市社会福祉協議会は、平成23年度から5年間、次の社会福祉施設の管理者として、川越市から指定を受けました。



川越市総合福祉センター
高齢者や障害者の憩いの場、活力を得る場として、又地域福祉の拠点として総合福祉センターを運営しています。

開館時間・・・ 午前9時〜午後9時
利用時間・・・ 施設により異なります。
利用できる方・・・ 1. 60歳以上の高齢者  
2. 障害者
3. 高齢者、障害者の福祉増進を目的とする公共団体
  又は公共的団体
   
   
 
休館日・・・ 毎週月曜日
国民の祝日
年末年始(12月29日〜翌年1月3日)

   
   
   
利用できる施設・・・ (1)大広間 (2)教養娯楽室 (3)普通浴室 (4)おもちゃライブラリー
(5) 温水プール (6)体育室 (7)社会適応訓練室
(8) 研修室(第1、第2) (9)創作室 (10)調理実習室
※一般利用者及び市外の方は、温水プール、体育室のみ有料で利用できます。
   
   
   
 
利用料・・・ 1. 温水プール   
 大人300円  小中学生150円
 (市外の方は、大人450円  小中学生220円)

2. 体育室   
 午前 (全面)1,500円、(半面) 750円 
 午後 (全面)2,500円、(半面)1,250円 
 夜間 (全面)3,000円、(半面)1,500円
 一日 (全面)6,000円、(半面)3,000円
   

→川越市総合福祉センターホームページ


川越市老人福祉センター
高齢者の健康増進と教養、レクリエーションの場の提供のための老人福祉センターを運営しています。

開館時間・・・ 午前9時30分〜午後4時
利用できる方・・・ 1. 60歳以上の方  
2. 心身障害者及びその介護者
3. 母子家庭の母子 60歳未満の方(有料)
   
   
   
休館日・・・ 1. 月曜日
2. 国民の祝日(敬老の日を除く)
3. 年末年始(12月29日〜翌年1月3日)
※月曜日が祝日と重なった場合は、翌日(火曜日)も休館となります。
   
   
   
   
利用できる施設・・・ (1)東後楽会館 (2)西後楽会館
→各会館の地図はこちら
   
東後楽会館
西後楽会館


利用料・・・ 1. 市内居住者で60歳以上の方、心身障害者及び
  その介護者及び母子家庭の母子
・ 無料(市外の方は200円)
  
2. 中学生以上60歳未満の方   
・200円(市外の方は400円)
   
   
   
   
 

Copyrights (C) 2007 Kawagoe City Council of Social Walfare. All rights reserved.

10